手彫りのはんこを依頼する時に書体を決めよう

手彫りのはんこ制作を依頼する時は、素材や書体を選択することになります。素材については少し説明をしましたから、この段落では書体を中心に取り上げます。

書体とは主に、文字の形になります。パソコンを普段から操作されている方、フォントという言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。フォントも書体になります。例えば、ホームページを制作する時に書体を変更すれば、ホームページのデザインをガラリと変えられることもあります。このように、書体はホームページ制作においても重要になります。

はんこを選ぶ時も同様に、書体は押印した時に現れます。はんこの書体には様々な種類があります。例えば、吉相体や篆書体や太枠篆書体です。はんこの書体の種類を聞いても理解できない方は多いため、実際にサンプルを準備してくれるところなら選びやすくなるでしょう。サンプルを見れば、はんこを押した後の文字の形を確認することができるので、サンプルを見て好みの書体を選択される方は少なくありません。

素材と書体が決定すれば、後は職人さんがその書体に合わせ印章彫刻を行ってくれます。細かい点まで丁寧に制作してくれるため、自分だけでなく大切な家族のプレゼントとして購入すると喜ばれるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket