手彫りのはんこのメリット

手彫りのはんこを購入するメリットとは、どのようなものなのでしょうか。まず最初に挙げられるのは、高い芸術性のはんこを手に入れられるということです。基本的に印章彫刻を行う方は、厚生労働省が認定している国家資格を持ったその道のプロの方です。その彫刻を行う方それぞれの芸術性が印章彫刻に反映されるため、大量生産されたはんこよりも芸術性を感じる方は少なくないでしょう。

手彫りの技術が高ければ、その素材の長所を引き出すことができます。素材には様々な種類があります。角系の印材である牛角や黒水牛、木材系の印材である薩摩本拓やアグニや楓なども存在します。はんこは木材や角系をイメージされる方が多いですが、金属や樹脂などの印材であるチタンやカラーメタルなども存在しています。手彫りで制作されたはんこであれば、このような素材の良さを上手く引き出すことにより水準の高いはんこが実現できます。

手彫りは高級感だけでなく、複製もしにくいというメリットもあります。実印や銀行印といった重要なはんこは、同じものがない方が良いと言われています。苗字だけでなく名前まで入れる方が多いのは、このような理由があるからです。手彫りのはんこは職人が作る世界に一つしかないものですから、同じものを作ることは難しくなるでしょう。このようなリスクが回避できる点も大きなメリットです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket